2012年 第46回 スプリンターズステークス レース後のコメント

      2013/08/06

中山11Rのスプリンターズステークス(3歳以上GI・芝1200m)は、2番人気ロードカナロア(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分06秒7のレコード。3/4馬身差の2着に1番人気カレンチャンが、クビ差の3着に9番人気ドリームバレンチノがそれぞれ入線。

ロードカナロアは栗東・安田隆行厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母レディブラッサム(母の父Storm Cat)。通算成績は12戦7勝となった。

【2012年 スプリンターズステークス レース後のコメント】

1着 ロードカナロア 岩田康誠騎手
「強い馬が強いレースをして勝てたということです。前回は暑さと馬への過信があって脚が上がってしまいましたが、前回の失敗をしないように心がけて乗りま した。今日はカレンチャンだけを見ながらレースをしました。スプリンターズSを勝つことが自分の使命だと思っていたので、それを果たせてよかったです」

安田隆行調教師のコメント
「前走は函館スプリントSから3ヶ月のブランクがあり、直線でモタモタしていました。そのレースを使って体調がグーンとアップしたので、今日は自信を持っ て臨めました。高松宮記念からひと夏超えて馬がたくましくなり、足腰がしっかりしてきました。今後についてはまだ白紙ですが、オーナーと相談して、海外も 含めていろいろと前向きに考えたいと思います」

2着 カレンチャン 池添謙一騎手
「いいスタートでしたし、スムーズなレースができました。直線も手応え通りにしっかり伸びてくれています。でも、ピッタリとマークされていましたからね。悔しいです。この馬と3連覇したかったです」

3着 ドリームバレンチノ 松山弘平騎手
「すごく苦しい競馬でしたが、ここまでやってくれました。でも、これぐらいは走れる馬だと思っていました。次のある馬ですし、これからが楽しみです」

4着 エピセアローム 武豊騎手
「がんばりましたが、残念です。4コーナーで1、2着馬に一気に離されてしまいました。最後は差を詰めてくれたのですが……。まだ3歳ですし、来年が楽しみです」

5着 ラッキーナイン B.プレブル騎手
「スタートで飛び上がってしまい、出遅れたのがすべてでした。後方からのレースとなり、最後の直線も外を回すしかなかった。レコード決着のレースで、最後あれだけ伸びてきただけに、スタートの出遅れがもったいなかった」

C.ファウンズ調教師のコメント
「スタートをミスしてしまったのがすべて。4コーナーを外を回ることとなり、最後はいい脚を使ってくれただけに残念です。今年こその気持ちでいたのですが……。またがんばります」

6着 サンカルロ 吉田豊騎手
「前走がらしくない負け方でしたが、今日は勝負どころからいつものようになってくれましたし、うまくさばければという感じでした。怯まずに伸びてくれましたし、涼しくなってこれからどんどんよくなると思います」

8着 パドトロワ 安藤勝己騎手
「返し馬で少し硬いなと感じました。ダッシュもあまりよくなく、もう少し内の方がよかったです。それにあの時計で走られてはちょっと苦しいですね」

9着 ブルーミンバー 松岡正海騎手
「デキもよく、がんばってくれました」

10着 リトルブリッジ Z.パートン騎手
「スタートはよかったが、香港でのレースと比べるとペースがあまりにも速すぎた」

C.シャム調教師のコメント
「この馬にとっては少しペースが速すぎたみたいだ。英国の6月のレースから、香港のオフシーズンもあり3ヶ月あくこととなり、1レース使っていれば違った結果になったと思うが、このタイムだと少し苦しかった」

12着 マジンプロスパー 福永祐一騎手
「楽に行けました。雰囲気は楽でしたが、最後は……。時計も速いですね」

15着 キャプテンオブヴィアス O.チャベス騎手
「スタートは非常によかったと思う。道中は2度ほど厳しい場面があったが、レコードタイムが出るくらい速い流れで馬はよくがんばってくれた」

S.バリッジ調教師のコメント
「パドックでも落ち着いていて、コンディションはよかった。スタートも決まったが、道中外めを走ったのが残念でした。タイムの速い決着に対応できなかった」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - スプリンターズステークス , ,