2012年 第26回 セントウルステークス レース後のコメント

      2013/08/06

阪神11Rのセントウルステークス(3歳以上GII・芝1200m)は、6番人気エピセアローム(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒3。アタマ差の2着に1番人気ロードカナロアが、クビ差の3着に12番人気アンシェルブルーがそれぞれ入線。

エピセアロームは栗東・石坂正厩舎の3歳牝馬で、父ダイワメジャー、母ラタフィア(母の父Cozzene)。通算成績は9戦3勝となった。

【2012年 セントウルステークス レース後のコメント】

1着 エピセアローム 武豊騎手
「枠順もよかったし、後方に置かれないように注意して乗りました。2回目の騎乗で結果を残せてよかったです。これでこの馬の路線がはっきりしたと思います」

2着 ロードカナロア 岩田康誠騎手
「自由自在のレースはできました。結果的には抜け出すのが早かったかもしれません。それでも勝たなければいけない馬。申し訳ないです」

3着 アンシェルブルー 和田竜二騎手
「外枠からのスタートでしたが、スタートがよかったので、いいところにつけられ、いい手応えでリズムよく行けました。他馬を気にするようなところがあるので、外枠もよかったのではないでしょうか」

4着 カレンチャン 池添謙一騎手
「スタートして、一歩目でフワッとしたので、気合をつけて行きました。半年振りで56キロを背負い、王道の競馬をして、最後まで踏ん張っています。次につながるレースはできました。一回叩いてよくなる馬ですし、いい形で次に行ってくれるといいですね」

5着 サドンストーム(勝浦騎手)
「スタートで遅れたけど慌てず騒がず後ろから。しまい伸びてくれたし、これからが楽しみ。」

6着 エーシンヴァーゴウ(佐藤騎手)
「着 順ほど負けていない。今なら前に馬を置く形の方が良さそう。次につながる競馬はできた。」

7着 ヘニーハウンド 川島信二騎手
「いい位置で競馬ができましたが、勝ったときほどの強烈な伸びが今日はなかったです」

8着 スギノエンデバー(北村友騎手)
「外枠でロスが多かったし、3角で不利を受けてリズムを崩してしまった。」

9着 エーシンリジル(川須騎手)
「スタートは良かったけど控える形。脚は使ってくれていますが、前が壁になるところもあって。」

10着 エーシンヒットマン(幸騎手)
「反応はあったけど伸び切れなかった。体調は戻ってきているようなので、次はいいと思う。」

12着 マコトナワラタナ(松山騎手)
「3角で外へ膨れてポジションが下がった。もったいなかった。」

13着 アウトクラトール(藤岡佑騎手)
「出たなりで内へ潜り込んで、ロスのない競馬。この馬場では前も止まらないので。」

14着 サンカルロ 吉田豊騎手
「調教では時計が出ていましたが、レースでは力強さがもうひとつでした。終いの伸びも目立ちませんでした」

15着 エーシンホワイティ(福永騎手)
「ゲートで後ろにもたれて…。」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - セントウルステークス , , , ,