2012年 第7回 キーンランドカップ レース後のコメント

      2013/08/06

札幌11Rの第7回キーンランドカップ(GIII、3歳上、芝1200m)は3番人気パドトロワ(安藤勝己騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分7秒 6(良)のレコード。ハナ差2着に1番人気ダッシャーゴーゴー、さらに1馬身1/4差で3着に4番人気テイエムオオタカが入った。

パドトロワは栗東・鮫島一歩厩舎の5歳牡馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母グランパドドゥ(母の父フジキセキ)。通算成績は22戦8勝となった。

【2012年 キーンランドカップ レース後のコメント】

1着 パドトロワ(安藤勝騎手)
「最後は負けたと思いました。この馬は一時より状態も良くなり、内枠も良かったと思います。ハナに拘っていた訳ではなく、他に行く馬もいなかったので。この馬はバッタリと止まる馬ではないので、とにかく早め早めに動いて行きました。秋へ向けていいレースが出来ました」

2着 ダッシャーゴーゴー(横山典騎手)
「今日は返し馬の動きが少しぎこちなかったと思います。とにかく暑すぎるよね。馬もへばってきているのかも…。それを考えればよく頑張っていると思います」

3着 テイエムオオタカ(藤田騎手)
「上位の2頭は強いと思います。時計もレコードだし、よく頑張っていると思います」

4着 シュプリームギフト(秋山騎手)
「一気にこの馬も強くなって来たと思います。上位馬はバリバリのGI級の男馬。よく頑張っていると思うし、短い期間に急に力をつけてきた印象です」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - キーンランドカップ , , , ,